例会報告

TITLE

2018.09.03 Monday

平成30年8月25日(土)
会場/静岡ホーム

酷暑のニュースが繰り返し流された今年の夏。この日も30度超えの猛暑の中、朝9時より静岡ホームの園庭ビオトープの整備に汗を流す。夏草が生い茂り作業が思いやられたが、この日は30名を超える有志が集まり、また一生懸命手を動かしてくれたおかげで、11時には見違えるほどきれいに整備が終了。夕方5時よからは待ちに待った夏祭り。ブラスを中心としたGⅢバンドが親しみやすいメロディに乗せ演奏をスタート。アンパンマン、ルパン三世など披露。アトラクション終了後は屋台に集合。今年は流しそうめんが復活。おでん、かき氷、焼きそばやゲームも大人気。子供たちの笑顔がはじける。フィナーレは全員で大花火大会。L内山環境保全委員長が必死になって大会を盛り上げた。








TITLE

2018.09.03 Monday

平成30年8月9日(木)
会場/ホテルアソシア静岡
担当/出席・会則委員会

ZCL岡田弘をお迎えしてのスピーチ例会。本来ならたっぷりとお時間をお取りして話を聞く例会ではありましたが新会員入会式もあり、ZCL岡田様にはだいぶお時間がない中で用意してきた原稿を破棄してご挨拶をいただくことになってしまいました。しかしながら、短い時間の中で岡田様の人柄がよくわかる素晴らしいご挨拶をちょうだい致しました。またメンバースピーチでは持ち時間1人180秒という制約の中、チャーターメンバーに入会当時の思いで話を中心にクラブに対してどのようなスタンスや考え方を持っているかが語っていただくことで、若いメンバーも昔に触れることができ大変有意義な例会となりました。








TITLE

2018.09.03 Monday

平成30年7月26日(木)
会場/アロハテーブル
担当/計画・大会委員会

今夏の納涼例会はアロハで夏を満喫。
計画・大会委員長L木村プロデュースの全員アロハでハワイアンを満喫。例会担当委員会のメンバーもウェイター兼ホスト役に徹して例会を演出。メインはアコアコアによるフラダンスショー。海野会長、遠藤幹事が盛り上げ、メンバーみんなでダンシング。メンバー、レディともども参加者全員が楽しめるイベントとなりました。








TITLE

2018.09.03 Monday

平成30年7月12日(木)
会場/ホテルアソシア静岡
担当/計画・大会委員会

新会長L海野二三男のもと、新年度がスタート。今年度のスローガン「一喜 一友 一奉仕」を掲げ、とにかく楽しいクラブ運営を心掛けたいと全メンバーに向けて発表。続いて幹事、会計、各委員長がそれぞれの事業計画案、予算案の説明があり、原案どおり可決承認された。フレッシュな顔ぶれが並び、誰もがヤル気に満ち溢れた顔つきがとても好印象。また、例会の盛り上げには欠かせないTTにはL原科篤が就任。副TTの一ノ瀬とともにお茶のコスチュームで登場。楽しい一年になるよう皆さんよろしくお願いします。








TITLE

2018.07.02 Monday

平成30年6月21日(木)

会場/平安プラザ
例会内容/一年間を締めくくる

「24コマ、最後の例会を迎えるにあたり、無事ここまでたどり着けた事、感謝の気持ちしかありません」と会長山田が挨拶。本当にあっという間の一年間であったが、確かな足跡を残した年度だった。若い理事メンバーも熱心にクラブ運営に参画し、新しい息吹も感じられたこの一年、皆様本当におつかれさまでした。








TITLE

2018.07.02 Monday

平成30年6月16日(土)

会場/焼津グランドホテル
例会内容/一年間おつかれさまでした。

早いもので山田丸も残り僅か2回。スケートボード大会等、新奇性・時代性を採り入れた事業にも取り組み数々の実績を残したこの一年、お疲れ様を兼ねて焼津グランドホテルで「さよなら例会」を開催。円卓を囲みながら皆で会食、一年間の労をねぎらうとともに、親睦を深める。”ビンゴでボインゴ”と意味不明のタイトルのもと、アトラクションへ。テーブルごとの対抗戦で盛り上がる。中でも次年度会長予定者がのっけから大ハッスル。会場の雰囲気を明るくする術は流石の一言。始終笑顔が溢れる楽しい宴となった。








TITLE

2018.05.29 Tuesday

平成30年5月24日(木)

会場/ホテルプリヴェ静岡ステーション
例会内容/「新しいビジネスモデルで地域活性」

22年間にわたり当クラブの例会会場としてお世話になったホテルプリヴェ。建て替えのため今例会で最後となる本日は、講師に西村やす子氏を迎え、新しい視点から静岡活性化の事例を紹介してもらった。「本物のオリーブに出会い衝撃を受けた」というのが出発点。農家や行政にかけあうも肯定するものが少なく新規参入の壁にぶつかるも新しい農業モデルをつくりたいという情熱と農業の6次産業化を確立したいとの思いから今やマスコミでも数多くとり上げられる事業にまで成長。これからもどんどん新しいチャレンジをしていきたいという西村氏。真にブレイクスルーの実践者だと考じた。








TITLE

2018.05.29 Tuesday

平成30年5月10日(木)

会場/ホテルアソシア静岡
例会内容/銀粘土でオリジナルアクセサリーづくり

以前好評だった「手づくりの石鹸教室」第2弾というわけではないが今回は銀粘土を使っての本格的なシルバーアクセサリーづくりに挑戦。講師は朝日テレビカルチャーや工房Kanokoにて教室を開かれている松浦香織氏。
アクセサリーは買うもの、プレゼントするものと思っている我々に作ってみましょうと言われ若干のとまどいを感じながら、製作開始。思いの他簡単なような難しいようなというのが正直な感想ながら、世界に一つだけというオリジナルな作るというのは楽しいものだ。








TITLE

2018.05.08 Tuesday

平成30年4月26日(木)

会場/ホテルプリヴェ静岡ステーション
例会内容/環境保全委員会による講師例会

「百年後の静岡が豊かであるために」とのキャッチフレーズで注目を集める、ふじのくに地球環境史ミュージアムの准教授、菅原大助氏を講師にお招きし「地形と地層から読み取る津波の歴史」をタイトルに講演を聴講。駿河湾という特長のある地形のためか、万が一、巨大地震が発生すると、2〜3分で津波が押し寄せる可能性を指摘、また過去にはアラスカで高さ500mという巨大津波が観測された事例もーー。自然災害を単に恐るのではなく、常日頃から避難ルートの確保・確認をしっかりする事が肝要。同時に地質学は案外と身近な学問だという事を学ぶことが出来た。








TITLE

2018.05.08 Tuesday

平成30年4月12日(木)

会場/静活プラザボウル・おいちょ
例会内容/年に一度のボウリング例会

3日後に迫るZC主催5LC懇親ボウリング大会に備えて、また日頃の運動不足解消のために、恒例のボウリング例会を開催。この様な例会を行なうと必ず楽しい発見やエピソードが見つかるが、今回は何と言っても優勝に輝いたL清水。妙な投球フォームから繰りだされるボールがあれよあれよという間にピンをなぎ倒し、1ゲーム200点以上という驚愕のスコアをたたき出し本人もメンバーもビックリ!終了後は会場を移し表彰式とおつかれさん会。スポーツの後のビールが美味い!